辺境系キャリアのレシピ 〜新卒即無職→海外就職→スペインMBA→?〜

34歳男性、2人の子持ち。2018年1月よりマドリード・IE Business SchoolのMBA学生になります。新卒即無職→バックパッカー→シンガポール就職→日本で外資IT企業日本法人立ち上げ第一号営業→MBA@スペイン

アフリカ滞在2ヶ月(特にナイジェリア)

ご無沙汰しました。トミオです。

 

アップデートが遅くなりましたが、7月末〜9月の大半を南アフリカとナイジェリアで過ごし、日本にちょっとだけ帰り、10月頭からマドリードに戻ってきました。

クラウドファンディングで支援いただいた金額が50万円を超え、グループのメンバーも150人くらいに膨れ上がっていたので、常にそのグループに報告・相談しながら活動してました。

 

アフリカで何を学んだか、得たか

何をやってたかは以下で詳しく書くつもりだけど、とりあえず結論。

今すぐ「これで起業する」というものはみつからなかったし、「アフリカはこれから数年で必ず来る」という確信を得るには至らなかった。でもたくさんの魅力的な人々と知り合い、刺激的な環境で時間を過ごしたことで「今後も長期的な視点でアフリカに関わっていきたい」という思いを強くした。アフリカをより知って、より好きになった。

 

アフリカで何をしていたか

その1:南アフリカ

以下の日記で南アフリカ到着したところまで書いてましたが、その後はクラウドファンディングの支援者の方の指示でクルーガー国立公園に3泊4日サファリツアーへ行ったり、ケープタウンではレンタカーを借りて喜望峰へ足を伸ばしたり、ストレンボッシュのワイナリーを見学したりしてました。要するにほぼ観光です。

tomyuo.hatenablog.com

南アフリカは治安がいまいちなことを除けば生活インフラが安定しており、とても「住みやすそう」な場所でした。一方で「起業」という側面で見ると基本的な需要が満たされており、また国内の雇用を守るために外国人のビザが非常に降りにくくしている等の事情もあり、それほど魅力的ではない印象を受けました。なので、この記事は主にナイジェリアに関してになりそうです。

その2:ナイジェリア

ナイジェリア、すごい場所でした。毎日が驚きの連続だったので、細かいことを書くとどれだけでも長くなるんですが、とりあえず着いた瞬間に税関で賄賂巻き上げられたり、スーツケースから謎の壊れたスマホが出てきたり、Airbnbで適当に取った宿がスラムのど真ん中だったり、色々ありました。その辺の話は別エントリーででも。。

ちなみに滞在した都市はラゴスのみです。

 

f:id:tomyuo:20181112085657p:plain

深夜にラゴスに到着し、翌朝ホテルの窓を開けた僕の目に飛び込んできた景色

f:id:tomyuo:20181112085410p:plain

街を歩いていたら突然子供たちに囲まれ、自撮りを強要される僕

最初こそ、なんかすごいところに泊まってしまい大変だったけど、現地で某社駐在員をしており、たまたまICUの同窓でもあったYさんを紹介してもらい彼の家に転がり込む。駐在員住宅でめっちゃいい暮らしをさせていただきました。。

ナイジェリアでやってたことその1

まずは日本人が経営するスタートアップのお手伝いをしていました。ケニアでお寿司握りに押しかけ、さらにオフィスに寝泊まりさせてもらったケンさんの「アフリカインキュベーター」が資金調達を完了しナイジェリア進出するタイミングだったので、現地入りした同社メンバーと採用に立ち会ったり、一緒にオフィス候補を採用したばかりの営業マンに研修したりしてました。本当はもっと案件・売り上げで貢献できたらよかったんだけど、そこは役立てず。

thebridge.jp

ナイジェリアはアフリカ最大の1億9,000万人の人口を擁する大国なんだけど、なんと住んでる日本人が30人。「日本人コミュニティに初めて入ってきたスタートアップの人」ということで、その日本人が一堂に会する場に押しかけお寿司屋さんをやったりもしました。

f:id:tomyuo:20181117013837p:plain

サーモンは生で食べられるやつが現地で手に入った。
ナイジェリアでやってたことその2

ひたすらIE MBAの先輩にコンタクト取って会いにいってました。

卒業生ディレクトリから突然メールを送りつけた僕に皆すごく親切に対応してくれ、人を紹介してくれたり、車を出して観光に連れていってくれたり、すごく助けられた。しかも、全員が結構高い飯奢ってくれた。「同じ学校に在籍した」という共通点が、こんなに温かい縁を生むのかと、正直びっくりしました。

f:id:tomyuo:20181112090003p:plain

IEの先輩、Dejiが経営するバイクタクシーシェアリングアプリ「GOKADA」本社にて

f:id:tomyuo:20181112090205p:plain

Ayokunle。同年代、子持ちということもあり話は尽きず。

f:id:tomyuo:20181112090339p:plain

半年先輩のUbongが連れていってくれたLekki Conservation Center。
ナイジェリアでやってたことその3

あとは、LINEグループからの指示を受け水上スラム「マココ」のツアーに行ったり、マーケットを巡って呪いの仮面や太鼓等のお土産を仕入れたり。

 

f:id:tomyuo:20181112094338p:plain

マココツアーの船から。スラムっていうか、水上生活の人々って感じ。

f:id:tomyuo:20181117015037p:plain

民芸品マーケットでお土産まとめ買い。交渉大変。

f:id:tomyuo:20181117015000p:plain

おっ呪いの仮面的なやついいっすね。

f:id:tomyuo:20181117015043p:plain

買ったよ!

f:id:tomyuo:20181117014328p:plain

地元感の強いマーケットに服を買いにいったら、なぜかツーショットを撮らされる。

f:id:tomyuo:20181117014423p:plain

さらに撮られる。

f:id:tomyuo:20181117014439p:plain

えっまだ撮んの?

f:id:tomyuo:20181117014523p:plain

からの…

f:id:tomyuo:20181117014547p:plain

決めポーズ。

f:id:tomyuo:20181117015814p:plain

ナイジェリアといえばこれ。国民的駄菓子「Chinchin」。

f:id:tomyuo:20181117015736p:plain

当然、大量に買い付けます。

f:id:tomyuo:20181117020509p:plain

チンチン、素朴な味でお子様に大人気。(娘です)

今後について

しまった。完全に話が逸れた。

アフリカ1ヶ月半の後日本に2週間戻り、支援者への報告会をしたり、家族で過ごす時間を作ったり。楽しみ尽くした2ヶ月でした。

散々好きなことをした挙句に「次何をするか」となるとまだ定まっていないんだけど、「少なくとも、大きな会社の会社員になるってのはねえな」という思いを強くしました。堪えられん。

一方で、さすがに家族を放置しすぎたので卒業後はもっと家族と過ごすようにしないとなーなどとも思うので、アフリカ全振りというわけにもいかなそう。(ラゴスアメリカンスクール、年間学費50,000ドルらしいよ)

 

残された学生生活もあと半年あまり。後悔のないように、人生の次の段階への準備を進めていきたい。